【開催レポート】岡山県総社市の保険代理店「株式会社AMA様」にて、経営理念に基づく行動指針を創るプロジェクトのお手伝いをさせて頂きました


3月から営業研修で関わらせていただいていた岡山県総社市の保険代理店「株式会社AMA様」にて、経営理念に基づく行動指針を創るプロジェクトのお手伝いをさせて頂きました。

それは、経営側と社員がそれぞれの変容を遂げながら一つのチームになっていく感動のプロセスでした。

人は、飛ぼうと思えばいつどこからでも飛び立てる。
誰もが翼をもっていることを教えてくれました。

事の始まりは、7月の西日本豪雨・・・。
社長ご自身も被災されたにも関わらず、災害直後から会社を上げて火災保険や生命保険のお客様対応に追われていらっしゃいました。
そんな中ですから、研修は延期されたらいかがですか?と申し上げたところ・・。

社長の想いを熱く語ってくださいました。
「実は、この災害があって社員が変わってきてる。本当につらくて大変な中だけど、それぞれが自分の役割、自分にしかできないことを必死でやっている。私を会社を助けてくれている。みんなが一つになろうとしてる!」
「こんな中だけど、その成長が本当に嬉しい。」
「保険の大切さを身をもって体験してる。」
「こんな時だから、やってほしい。」
「AMA最大のピンチ!をチャンスに変えたい!」

そこから、社長・専務(ご夫婦なんですよ~)と何度もミーティングをさせていただき、もともと8月にスキル系の営業研修をさせて頂く予定でしたが、グッと舵をきって「社員全員でAMAのクレドを創る」というプロジェクトを立ち上げることに!

未曾有のピンチで数字も上げられないこの時期に、このための時間をとる!という決断をした社長・専務でしたが・・「社員は賛同してくれるだろうか?」「そもそも経営者でもないのに、そこまで関わろうとしてくれるのだろうか?」「誰からも意見が出なかったらどうしよう・・。」そんな不安もありました。

でも、社長が創った経営理念を本当の意味で皆の肚に落として、社員と一緒に強い会社を創っていく!それは今やらなきゃだめだ!という社長の強い意志と覚悟がありました。
そして、「今ある基本方針は、私が勝手に創ったもの。毎朝唱和しているだけで、何の役にも立っていない。だから、この基本方針は完全に手放して、今いるメンバーで創りたい!」と熱く何度も語っておられました。

そもそも、経営コンサルなんてしたこともない私・・・(笑)
経営理念は軸にある!社長の想いがぶれない。あとは、全員のビジョン・ミッションが明確になれば、ドンドン転がるように進むはずだ。
ここまで多額の投資をして体現してきたリーダシップやコーチングのスキルをフル動員し、企画から立ち上げました。
社長・専務にも手伝っていただき、その名の通り「手作り」で進んでいったのです。

8月20日に一日かけて、キックオフ!
まずは、自分を知る・満たすことで自分の役割に気づくステージからスタート
「私は・・」
自分と自分以外全員の「素晴らしいところ、強み」を伝えあい、ミッション・ビジョンを明確にしていく
(事前課題でお願いしていおきました)

そこから、社長自身による経営理念への想いを伝え、いよいよ
「私たちは・・」
AMAのミッション・ビジョンをワイワイと楽しく出し合いました。

クレド委員会を発足し、委員長・副委員長がすんなり決まり、そこからは自分たちで基本方針・行動指針をブレストからまとめていくプロセス。
どんな意見もOK!思ったこと感じたことを素直に出しても受け入れてもらえる組織風土が出来上がっていました。
それぞれが社内での自分の立ち位置や役割を明確にして、よりよくなるために関わっていく自己と組織の成長が同時進行するプロセスでもありました。

9月20日の2回目には、すでに基本方針・行動指針が大方でき上っていて、そこから深めていく段階にまでなっていました。
方針という言葉を、自分たちらしいネーミングに変えたい!と社長が言い出し、互いを尊重しながら素晴らしいチームワークでAMAらしくブレストしてネーミングを決定していく姿は感動的でした。

出来上がった方針は、予想通りもともと社長が創ったものとほぼ同じようなものになりましたが、プロセスが違います。
なぜ、それが必要なのか?どうしてその文言なのか、すべての社員が自分なりの解釈で答えることができます。
これは、すごいことですよ。
これからどんなに人数が増えてもコアメンバーの10人が、理念を伝えていけるのですから。

そして、もともとあった方針とそっくりになったことは「社長の考え方と自分たちの考え方にぶれはない。」と確信できたので、社員のみなさんにとっても嬉しい事でした。

経営理念を行動に変えていく指針となる考え方を表す言葉は
基本方針・行動指針・社是・社訓・クレド・ポリシー等々、多々ありますが、自分たちに響いていなければ行動レベルに落とせない。

そして、彼ららしい、彼らだけのネーミングが決まりました。
「AMA 6つの志」

想いを込めてつくったものでも、言葉だけだと忘れてしまうかもしれない・・。クレドは会社と社員一人一人が価値観を共有するために創る、行動の価値基準です。
皆で決めた「6つの志」は、安心のお守りではなく行動レベルで活かしていくもの。
一人一人が、心にこれを持っているとどんな行動をするのか?全員でそこを探求して、最後はAMAのみなさんだけで仕上げをしていかれます。

最後に社長のおっしゃった言葉
「こんな日が来るなんて・・・。」

中小企業経営者なら、誰もが憧れる「経営者マインドを持った従業員たち」が目の前にいるんですもの!

経営者の苦悩葛藤を経て、握っていたものを手放しながら仲間を信じて委ね続けた社長の覚悟と、支える専務の愛、そして社員のみなさんの想い・・。
素晴らしい方々と共有させていただいたこの時間は、私にとっても学び深く、忘れられないプロセスとなりました。

はじめての経営コンサル(?)でしたが、ビジョン・ミッションを明確にし共有する大切さを肌で感じさせていただきました。
そして、それは行動レベルで生かさないと意味がない!!

私を信じて、仲間を信じて、一緒に道なき道を進んで下さった明石社長!本当に有難うございました。
これから、ますます良くなっていく株式会社AMA様が、この上なく楽しみです!

また、今回この企画を創るにあたって資料作成にご協力いただいた皆様にもこの場を借りてお礼申し上げます。
資料は、未来を創る 理念・リーダーシップ研究所から承諾を経て引用させていただきました。
小泉正信さん、ご快諾ありがとう!

株式会社AMA様のHPです。
しばらくすると、基本方針は「6つの志」に変わりますよ~。